コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

通常国会召集 「政治とカネ」で大荒れも(産経新聞)

 第174通常国会が18日召集された。会期は6月16日までの150日間。民主党の小沢一郎幹事長の政治資金管理団体の土地購入をめぐり、元秘書の石川知裕容疑者(民主党衆院議員)らが逮捕された直後で、「政治とカネ」の問題が焦点となる。

 鳩山由紀夫首相は、景気の「二番底」を回避するとして、平成21年度第2次補正予算案の月内成立、22年度予算の年度内成立を優先事項としている。

 野党側は、検察との全面対決を宣言した小沢氏と、小沢氏を支持する鳩山首相を徹底追及する方針。小沢氏の問題に加え、首相の資金管理団体の偽装献金問題への批判も強めていく。

 このため関係者の国会招致や集中審議を要求している。これに対し、民主党の山岡賢次国対委員長は18日朝、国会内での党の会合で「野党にはいろんなもくろみがあるが、私たちの使命は国民生活を守るための法案を審議することだ。特に、補正予算案を1日も早く仕上げて窮状に手を差し伸べていく」と述べ、野党側の要求に応じない考えを示した。

 召集日の18日は政府が2次補正予算案を提出。午後には菅直人副総理・財務相が財政演説を行う。19、20日の衆参両院本会議で財政演説への各党代表質問が行われる。首相の施政方針演説は2次補正の成立後となる。

 政府・与党は予算案のほか、「子ども手当」の支給法案や高校の授業料無償化法案、官僚答弁を禁止する国会審議活性化関連法案の成立を期す。永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案の成否も注目される。迷走が続く米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題も論争の主要テーマとなる。

【関連記事】
鳩山政権 視界「ゼロ」
“小沢ショック”で東京株、200円近く急反落
鳩山首相が強調「戦うという以上逃げない。国民にも必要な説明する」
通常国会召集 疑惑解明に国政調査権を
与党、党首討論提案へ 捨て身の反転攻勢?

小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
<私立中入試>近畿でスタート 不況で倍率低下(毎日新聞)
<追悼の会>石田名香雄さん=元東北大学長 2月7日に(毎日新聞)
<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
龍馬ゆかりの鞆の浦 海援隊知らしめた沈没事件 (産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。